銀行でお金を借りる方法 <初めてでも安心>

お金は銀行で借りましょう~銀行でお金を借りるメリット~

【スマホ対応】お金を借りたいと思ったときに銀行でお金を借りることができれば安心ですよね!
近年、大手の会社が参入していることもあり、借りる側も借入先の選択の枠が大きく広がってきています。
銀行のカードローンは低金利でのお借入が可能ですし、銀行系のカードローンは早くお金を借りたい方にお勧めです。
※カードローン:お金を引き出すためのカードを発行⇒ATMで現金が引き出せます!

カードローンお申込みの流れ


お金を借りる前に

お金の借りすぎに注意しましょう

  • 本当に借入れが必要か、無理なく確実な返済が可能か、契約内容を理解できたか

1人で悩まずに早めに身近な人(家族、友人)や、 国民生活センター、 クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

銀行でお金を借りる

銀行からお金を借りる際には、カードローン、住宅ローン、目的別ローン (リフォームローン、教育ローン、自動車ローンなど)、ビジネスローン…など、 さまざまな種類のローンがあります。 申し込むローン内容によって、 借入条件や提出書類が異なるため、お申し込みの際には十分にご注意下さい。

銀行借入の大体の流れ

  • 窓口の融資担当者へ相談
  • 必要書類の準備
  • 申込
  • 銀行融資審査
  • 借り入れの実行

代表的なのが、銀行が発行しているカードローンで、 都市銀行や地方銀行は,近年個人に対しても積極的にキャッシングを行っています。
銀行のキャッシングは,他の貸金業者によるキャッシングに比べ,限度額が100~500万円と高額であること,また,適用される金利も数%~15%程度と低めに設定されていることが特徴です。
その代わり,大手都市銀行を中心に,提携先の貸金業者が保証会社になることが条件とされているのが通常です。
お金を借りる際の金額や目的によって、窓口ではなくインターネットで24時間申し込みが可能なものもあります。

銀行のカードローンに申し込む

銀行のカードローンに申し込むには、いくつかの条件があります。 また、申し込みをすれば必ず融資が受けられるというわけではないので、 審査条件をしっかり確認して申し込みを行いましょう。

銀行カードローンの主な申込条件

  • 申込時において満20歳以上満60歳以下の方(年齢の規定は銀行によって異なります)
  • 原則として安定かつ継続的に収入のある方
  • 銀行指定の保証会社の保証を受けられる方
  • そのほか、銀行によっては追加条件あり

銀行カードローンの主な申込方法

  • 銀行窓口にて申し込み
  • 電話にて申し込み
  • インターネットにて申し込み
  • モバイルにて申し込み
  • FAXにて申し込み
  • 郵送にて申し込み

銀行カードローン申し込みの際の主な必要書類

  • 銀行カードローン申込書
  • 保証依頼書
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなどの写し)
  • 収入証明書(給与明細書、源泉徴収票、確定申告書などの写し)

※借入金額によってこちらの書類は不要な場合もあります
また、借入を受ける銀行によって、審査内容、借入条件、受けられる融資金額なども変わってくるため、自身の条件にあった銀行を探して下さい。

銀行でのキャッシングの種類

銀行でのキャッシングの種類は「都市銀行」「地方銀行」などがあります。 それぞれ、個人に対して近年、積極的に融資を行っています。
銀行でのキャッシングは、銀行以外の貸金業者から比べると限度額が、 10~800万円と高額であることや、
ほとんどが金利が数%~15%程度と低金利なのが特徴です。
銀行からのキャッシングには、銀行が発行しているカードローンや、 銀行や銀行系グループの運営している金融業者があります。

お金は銀行で借りましょう!~どちらで選ぶ?『目的別・2大パターン』~

銀行のカードローン 銀行系の金融業者